人気No1、内部までステンレスのクリナップシステムキッチン

亀岡市 新築 オリジナルキッチン 中井邸2おりじなる施工・おすすめ商品
Pocket

たてコデ」では、建築プロデューサーが、診て触れてこれは良いと思う

「おススメ商品」をそのまま使ったり、オリジナルに加工して使ったり、

その結果、商品が持つ優れた機能を生かす事を実現させております。

もちろん施主様の使われてた感想は当然ですが、お聴きし今後の家創りの参考にさせて頂いております。

優れたと認めた商品を「おりじなる施工・おススメ商品」としてご紹介させて頂きます。

 

たてコデ」が家創りで大切にしていること・・・

「家は、買うもの」ではなく自分が暮らすために「創るもの」

この発想から、

宝石緑 床・壁・天井・外壁・窓などの仕上げ材

宝石緑 常にキッチン等の設備商品

宝石緑 エアコン・換気機器・照明器具等の電設商品

宝石緑 断熱材・構造用金物・下地材等の下地材

宝石緑 キッチン・浴室など、商品を使いオリジナル商品を創る為、高気密・高断熱住宅を創る為の施工方法

を常に情報収集と勉強を重ね得れたオリジナル情報を使って施工した実績と情報を蓄積しています。

 

今回は、【クリナップシステムキッチンと食器棚を新築住宅に移設】

おりじなる施工・おススメ商品」のご紹介です。

今回は、大変珍しいパターン

持ち家を売却し、土地を購入し新築注文住宅を建築する。

そこで問題になったのが、1年前にオール電化リフォームに伴い、キッチンと食器棚を入れ替え

クリナップの商品(なんと定価約¥2,500,000-)を掛けた事が奥さんの悩み、

そこでご提案したのが、

① 新築住宅にキッチンと食器棚を移設

② 持ち家売却時に同じサイズの新品のクリナップキッチンを入れる事で販売する

結果、持ち家は販売開始し、チラシを新聞折り込みすると、問い合わせはが多く即買い手が付きました。

買主さんに喜んで頂いたのは、

「一般の売主さん中古住宅の販売価格に、システムキッチンが新品、しかも選べる、

更にほしいグレードや機能を使いすれば、追加費用を支払いする事で好みのキッチンに出来る事」

見事に「新設キッチン販売企画」が大当たりした不動産販売戦略でした。

 

移設したキッチンが

亀岡市 新築 オリジナルキッチン 中井邸1

食器棚がとキッチンが、

亀岡市 新築 オリジナルキッチン 中井邸3

キッチンをアイランド型に設置し、化粧がなかったキッチン3側面は、大工さんに壁を創ってもらい

漆喰仕上げ、そこに、無垢一枚板に2種類の違う無垢材を組み込んだ珍しい仕上げのダイニングテーブル

亀岡市 新築 オリジナルキッチン 中井邸2

テーブルの脚も漆喰仕上げです。

移設した事は言わな変えれば、家が新築なので当然キッチンも新品と思える仕上げ、

施主さんが大切に使われていたご褒美ですね。

なんでも固定概念を持つ事はダメです。

奥様の一言「このキッチン使えたらな~」から始まった今回の移設

固定概念を持っていても、素頭で検証する必要がある事を改めて思い知った瞬間でした。

現在使っているキッチンを移設したい人にはイチオシです

ベル ここで 豆知識 を1つ ベル

秘密 クリナップキッチン人気の理由 秘密

宝石緑 引き出し内部がなんとステンレス(STEDIA・CENTRO)

CENTROはレールがスリムなので、引き出し内部の幅が広い

クリナップキッチン 引き出し内部

宝石緑 シンクの中のゴミをどんどん排水口に向けて流してくれる「流レール」を採用したシンク

宝石緑 換気扇のファンとフィルターを自動洗浄できる画期的なレンジフード

ショールームでは、

① 引き出しに自信があるので、本当にビールなど重たい物が入っていてもスムーズに動く

② シンク内は、親水性のセラミック系特殊コーティングをしてあるので、油性ペンで書いた文字が

水を掛けただけでインクが浮いてきて簡単に拭き取れる(ミラブルもビックリです)

③ キッチンの高さだけでなく、吊戸棚や背面の食器棚も動きどう取り付けたら良いのか体感出来る

など、他にもいろんな特徴があるのでショールームでお確かめください。

【クリナップのキッチン】を使いたい

【無垢天板のダイニングテーブル】を使ったキッチンがほしい

「こだわりの建物を手に入れたい」方のご相談は、https://kanrisu.space/gosoudan-contact/

資料等のご請求は https://kanrisu.space/shiryo-contact/

たてコデ」を詳しく知りたい方は、「たてコデ」のホームページをご覧ください。

tatekode

たてコデ」は、「暮らすため創った家で暮らしたい」とお考えのお客様と

「一緒に家創りしたい」との思いで、ご縁をお待ちしております。

長々と読んで頂きありがとうございます。