3つの吹き抜けと勾配天井がある・中庭を中心に3つのリビングがある・ビルトインガレージ付の欲張りな家

亀岡市 新築一戸建 吹き抜けのある家 手書き間取り図40吹き抜け・勾配天井のある家
Pocket

たてコデ」の一番得意なのは、間取り企画・コーディネート

たてコデ」が、家創りで大切にしていること・・・
「家は、買うもの」ではなく自分が暮らすために「創るもの」

お客様の家創りのお手伝いをする事だと考えています。

その為、新築図面の打ち合せはすべて手書きでさせて頂いております。

すべての家創りには、お客様が暮らす為の家なので、

まず間取りを作成する為に「テーマ」を決めてから図面を作成いたします。

 

今回ご紹介物件の家創りテーマ
「3つの吹き抜けと勾配天井がある・中庭を中心に3つのリビングがある・

                   ビルトインガレージ付の欲張りな家

希望は
1、リビングとテラスが一体感ある感じにしてほしい。

更にリビングは吹き抜けにしてほしい。
2、ビルトインガレージからキッチンに入りたい。
3、離れの和室がほしい。。

4、中庭があれば嬉しい。

5、子供部屋はリビングを通らないといけない。

6、家族全員が使える勉強するスペースがほしい。

 

希望を叶える為に作成した間取りが

亀岡市 新築一戸建 吹き抜けのある家 手書き間取り図40

 

北向きの土地を生かした、

3つの吹き抜けと勾配天井がある・

中庭を中心に3つのリビングがある・

ビルトインガレージ付

を基本設計にしました

1階
「中庭を中心に3つのリビングがある・ビルトインガレージ付」
① 車1台をビルトインガレージに、希望であるダイニングキッチンと玄関の両方に

  出入り出来るようのしました。

  外には、もう1台ガレージスペースと来客用に1台置けるスペース迄確保しました。

② 珍しくポーチに吹く抜けを、玄関とホールも吹き抜けと2つの吹き抜けが感じた事がない開放感を

  演出しています。

③ 玄関からローカを通りリビング・ダイニングキッチンへ中庭を囲む設計に。

  常に中庭を眺めれるようにしました。

④ 広さ8畳のリビングは吹き抜け、中庭とウッドデッキを挟んだ渡りローカを通ると

  ダイニングキッチンが、

  こちらは吹く抜けでなく勾配天井にし、必要以上に吹き抜けを採用しませんでした。

⑤ ダイニングキッチンは、テーブルと一体になったアイランド型シンクと壁面にコンロ側を設置した、

  アイランド型Ⅱ型キッチンを採用。

  パントリーと下駄箱・収納も設置し、暮らす人用の玄関(勝手口兼用)に、

  ビルトインガレージと繋がる事で、買い物をそのまま家に入れれる動線を最優先。

  雨でも濡れない事も叶える事が出来ました

⑥ 広さ8帖のウッドデッキは、リビングとダイニングを繋ぐ配置に、

  どちらの機能にも使う事が出来ます。

⑦ 家の重心にある中庭、ウッドデッキとローカとの一体感があり、

  和風と洋風の両方を満喫出来るようにしました。

⑧ 中庭を眺めながら2階へ上がる階段・・・

  わくわく感があります。

⑨ 寝室に広さ4帖のウォークインクローゼット付、

  洗濯干場(室内)を通れば洗面所に繋がる、

  家事動線も考えた設計です。

⑩ 浴室は、お決まりの広さ3帖、浴槽を斜めに設置し

  広く見える工夫もしています。

2階

「スタディールームを中心に子供部屋と離れの和室を」
① 階段を上がると広さ4.5帖のスタディルームがお迎え、

② 玄関の吹く抜けとポーチの吹き抜けから飛び石を敷いた渡りローカを進めば、

  畳を変形に敷き、4つの板間をどう使うかは、暮らす人のセンス次第です。

③ 子供部屋は、少し余裕があるベッドルーム。

専用のクローゼットも付けてます。

これだけいろんな事を沢山取り入れ、遊び心一杯の家を創るのはすごくやりがいがあり楽しいとの事です。

たてコデ」では、家創りしてもらう時だけではなく、住まわれてからも長いお付き合いをしたいと

思っております。

その為に数年先の計画を描いておられるお客様には、必ず将来の間取り変更まで、

お聞きしてご提案をさせて頂きます。

「お客様が暮らす為のオリジナルな家を創りたい」

とのご希望を持っておられるお客様と是非一緒に家創りをしたいと思います。

新築、リノベーション、店舗等の 間取りとレイアウトのご相談・お問合わせは

https://kanrisu.space/gosoudan-contact/

資料等のご請求は https://kanrisu.space/shiryo-contact/

たてコデ」を詳しく知りたい方は、「たてコデ」のホームページをご覧ください。

tatekode

たてコデ」は、「暮らすため創った家で暮らしたい」とお考えのお客様と

「一緒に家創りしたい」との思いで、ご縁をお待ちしております。

長々と読んで頂きありがとうございます。

コメント